日本皐月協同組合ホームページの掲示板
お立ち寄りありがとうございます。
すでに皐月の魅力をご存知の方はもちろん、これから始めようという方からの書き込みも歓迎しております。

[日本皐月協同組合ホームページに戻る] [掲示板を利用される前に] [掲示板記事ワード検索] [過去ログ] [管理ログイン]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
(※メッセージ中に参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい)
参照先
暗証キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

教えてください 投稿者: 投稿日:2015/11/02(Mon) 15:58 No.2064  
友達のさつきの葉が黄色や茶褐色になっています先月頃からだそうです 100本くらいが全部です。違うところにおいている木は大丈夫みたいで緑色をしています 消毒月2回、まめにする人なんですが、ケルセンやコテツもつかっています棚全体が茶褐色に見えるほどですダニか菌なのかわかりません 日当たりはいいところですが風通しはあまりよくないところです。思い当たることがあればおしえてください。対策もお願いします


Re: 教えてください ラビット - 2015/11/03(Tue) 22:34 No.2065  

実物を拝見してみないと判りませんが、書き込み内容から判断すると、べと病ではないかと思います。
風通しが良くないとなれば可能性が高いです。。
対策は、風通しの良いところに移して様子をみながら殺菌剤を散布してみるしかないと思います。


植え替え 投稿者:ヒロ 投稿日:2015/10/04(Sun) 14:11 No.2051  
今の時期に植え替え考えて居ますが花芽がしっかりと乗ってからがいいですか 教えて下さい


Re: 植え替え 日本皐月協同組合 - 2015/10/06(Tue) 14:07 No.2052  

早い方はお盆過ぎから秋口にかけてしますが、これからですと保護施設がない場合は早めにしてください。霜の降りる前が良いです。
いずれにしても、軽めの植え替えにしてください。古木はしないほうが無難です。


Re: 植え替え ラビット - 2015/10/11(Sun) 21:12 No.2054  

来年、花を楽しみたいのであれば軽めの植替えにしますが、保護施設があれば今からでも問題ないかと思います。
花を観ないのでしたら植え替えても問題ないと思いますが、2月下旬以降の方が良いと思います。(関東周辺を基準に考えています。)
根詰りが起きているようでしたらやめた方が良いです。いずれにしても、2月中旬以降に植替えした方が良いと思います。


ご回答確認いたしました 投稿者:KENT 投稿日:2015/08/18(Tue) 17:07 No.2050  
月刊さつき研究編集部様

お世話になります。早速ご回答いただきありがとうございます。
購読しているさつき研究などからの情報でペスタロチア病と推測したものです。ご回答の中で思い当たる節がございました。高温の風通しの悪い場所で管理せざるを得ない状況にあったためにいずれかの病原菌が付着したとすると合点がいきます。あくまで仮定ではありますがご回答に準じて管理してみます。
ありがとうございました。


無題 投稿者:月刊さつき研究編集部 投稿日:2015/08/18(Tue) 14:44 No.2049  
 組合様から依頼を受け、代わりに投稿いたします。葉が赤褐色から黒褐色になってパラパラと落葉するようですが、それには様々な原因が考えられます。それでもまずはペスタロチア病と仮定してお話します。症状そのものは、褐斑病、炭そ病、斑点病、べと病などと似た症状があると思われます。ただし、葉先から枯れこむ症状からすると、ペスタロチア病が一番近いような気もします。褐斑病は葉脈に沿って不定形なまだら模様を呈し、炭そ病は水玉状に中心点から外に広がるような病斑を呈し、斑点病はスポット的な病斑が点在する形です。べと病はちょうど今の時期、葉が黒褐色に枯れる病気です。ただし、どの病気もどっちつかずの似た症例もあって、見分けが付かない場合も多いものです。
 しかし、どちらにしても原因はカビの一種で、空気中の病菌が葉に付着して起こります。特に台風や大風などで葉に傷が付いたり、害虫の食害などに遭うと、そこから病菌が侵入しやすくなり、被害が拡大する場合があります。ひょっとすると、風通しが悪い環境にあって、なおかつ何らかの原因(高温による葉焼けや水切れ、多肥による肥料やけなど)を伴って樹勢が落ちた樹であったのかもしれません。
 対策としては、殺菌剤を散布することになりますが、病葉は完全に枯れている葉だけを手で払うように取り去り、ビニール袋などに集めて燃えるゴミとして出すとよいでしょう。なるべく病菌を拡散させないように心がけます。仮に病葉であっても、緑色の部分が残っていれば、多少でも光合成をするはずですから、残しておいた方が樹のためにもいいでしょう。樹にとって不要とみなされれば、自然に落葉するはずです。
 薬剤はダコニール1000とトップジンM水和剤を使用とのことですが、別な薬剤を試されてはいかがでしょうか。たとえばジマンダイセン水和剤を500〜1000倍、Zボルドー水和剤を500倍をローテーションで散布し、再度冬期(落葉後)に石灰硫黄合剤(夏期は使用不可)を20〜40倍で散布すると効果的だと思われます。その上で、樹勢が悪ければ、風通しのよい半日陰の穏やかな環境下で管理し、樹勢の回復を待つとよいでしょう。


ペスタロチア病かも… 投稿者:KENT 投稿日:2015/08/17(Mon) 14:01 No.2048  
初めて質問させていただきます。
7月から葉の先端から赤褐色にやけはじめ、今では全体の半分ほどが黒褐色にやけてしまい、部分的には触れるとパラパラ落葉してしまうような状況です。ダコニール1000とトップジンM水和剤をローテーションしていましたが、春先に植替えを行ったこともあり若干弱っていたのか、回数が少なかったか、或いは頻度が多すぎたかこれといった原因は特定できないでおります。他に春先に剪定植替えした樹もあるのですが、置き場が離れているためか被害は1本だけです。
つきましては、原因の特定はここだけでは難しいと思いますので、この症状がペスタロチア病であると仮定して、病変のある葉を落とした方が良いとか、来年の選定までそのままで灌水のみで管理する等々、今後の管理についてご教授いただきたくお伺いいたします。宜しくお願いいたします。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |

NO: PASS:

- YY-BOARD- customize by yuji hamano -